専ら画数が多いと言うだけ

仕事がら、娘の名称を見分けるイベントは多い。
親が娘に付ける名称。
それはぴったりゴダイゴが歌った
「ビューティフルネーム」筈という。
も、どう難しい漢字をつぎ込みたがるんだろう?
専ら画数が多いと言うだけでなく意も複雑
普通は使わないような漢字を使う人が多い。
断じて辞書片手に一所懸命考えているんだろうなあといった
思うと微笑ましい気がするけど、そういった親の狙いは
「重たい」っていつか、娘は思わないだろうか。なんちゃって。
ギラギラネームは現代の和風だけのものだったのかしら。
こんなヒヤリングが胸中をよぎり始めて、なんだかんだ考えたりやる。
古代の王の名称は、「大地によるグッズ」「乳母の出身地」
程度ばかり。
葛城皇子(昔は中大兄の皇子と呼んでいました)は葛城さんが
乳母だったのではないかと言われているし。
そんな事を思いながら古代天皇わが家の系図を見ていたら
素敵な名称を見つけてしまいました。
「桜井弓張皇女」(さくらいのゆみ弾力のひめみこ)ね?
激しい良い名称です?
敏ら天皇の皇女なんですけど、「桜井」は大地から来ていらっしゃるとして
「弓張」というのが随分可憐。
そうしたら「星河クィーン」(ほしかわのじょおう)
古代にそんな素晴らしい名称があるなんて気力!と思った。
無論、これらの名称も元祖はほとんど単純なのかもしれなけど
その名称の付け方に親の「狙い」が秘められているようで
ならない。ライン掲示板でピンクな女をゲットしよう