TVでやっていたメンツユに鯖缶を閉じ込める

まだ5月ですが暑いですね。アルティメットにも素麺の特設一角が発足されました。建物にも素麺の時季に突撃だ。というか、『麺』の時季だ。
素麺、ざる蕎麦、冷し饂飩、冷や麦、冷し中華の無限ループのオープニングだ。そんなの夏はあり気味、というかもしれませんが、建物では早朝意外みんな麺になることが日常なのです。早朝はロールパン、昼間は素麺、夜は冷し饂飩、とか当たり前です。炭水化物の取りすぎですね。成人病(今ではルーティン病ですね)まっしぐらですね。3食上昇おタイプまで饂飩でよろしいという香川県のやつにはコケる(香川県の糖尿病クランケ値は最上級)かもしれませんが、やっぱヘルシーにしようと努力しています。
冷し中華は用具として、薄焼き卵、きゅうり、モヤシ、ハムなどを腹いっぱいのせればいいのですが、それ以外がずいぶんだ。納豆は、高知故郷の女性が食べませんし、一時期流行った山形の「だし」も、TVでやっていたメンツユに鯖缶を閉じ込める、というのも食にオーバーホール的建物ではできませんでした。
わたくしは肝要の都合で食事を作る時間に住宅にいないので、漬け一品や酢の物、マカロニサラダやポテトサラダ、マリネやミートローフ、卵焼きや豚肉でつくるチャーシューなんぞを創り置きしておくのですが、1度に大量に摂るものではないので、めったに健康に貢献していないですよね。
主食が素麺も健康に生活できる技術を誰か発案しないかとしています。http://xn--av-jb4asdqa1357b4td1yus4z.net/